すそわきがに効果的な石鹸。洗い方には要注意

すそわきが対策として一番お手軽なのが石鹸を使って洗う事だと思います。毎日のお風呂で使う石鹸をすそわきが用に変えるだけですし。すそわきがに良いと言われている石鹸の特徴を調べてみました。

すそわきがを解消する為にまず知っておく事として陰部には、善玉菌と悪玉菌という2つの常在菌があります。ニオイのもとは悪玉菌で、アンモニアやインドール(大便のニオイ成分など)、低級脂肪酸(悪臭の脂肪酸)などの悪臭を発生させます。

すそわきがの人の陰部は悪玉菌が活性化した状態で、たくさんの細菌が繁殖しやすくなっています。よって、ニオイを軽減するには、善玉菌が繁殖しやすい環境にしてあげることが大切なのです。

悪玉菌などの細菌の多くはアルカリ性の環境を好み、反対に善玉菌は弱酸性の環境を好みます。そのため、善玉菌は肌を弱酸性にして守ろうとします。このことから、弱酸性の石鹸を使えば、ニオイの原因である悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やすことが期待できます。デリケートゾーン専用に売られている低刺激のものを選ぶのがベストと言う事でした。

すそわきがに効果的な石鹸はわかったのですけど、それ以上に洗い方を間違っている人も多いみたい。顔とか体と違って陰部ですので丁寧に洗う事が一番大切みたいですね。

すそわきが石鹸を使う場合の洗い方としては、すそわきがは強烈なニオイを発しますけど、それを消そうと力強くゴシゴシ洗ってしまうのはダメと言う事でした。

ゴシゴシ洗いは皮膚に刺激を与えてしまうので、炎症を起こす可能性があり、肌を守る善玉菌を減らす事にもなってしまうからだそうです。なんでもシャワーだけでも約80%の善玉菌が流れ、湯船に浸かることでは約90%がなくなっているみたい。

残った10%は、約24時間かけて元の数に戻るという事なのですけど、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってしまっては、この数少ない善玉菌までなくなってしまう可能性があるという事なのです。

洗いすぎがいけないのは、陰部の周りだけでなく膣内にも言えるそうです。膣内にも善玉菌がいるみたいで必要以上に洗ってしまうと、汚れだけでなく善玉菌まで洗い流してしまうそうなのです。

善玉菌がいなくなった膣内は細菌が繁殖しやすくなり、すそわきがのニオイを悪化させることに繋がってしまうという事ですので逆効果にもなっちゃうって事ですね。

陰部は、弱酸性の石鹸を泡立てネットなどでたっぷり泡立て、やわらかい泡で包むようにしてあらうのが◎。指の腹で前から後ろへとやさしく丁寧に洗うのがポイントだそうです。

とにかく陰部を清潔に保つ事を考えて洗わないといけないという事ですね。